縮毛でお悩みのあなたに

縮毛矯正をする

髪の毛がくせ毛の方は、一度はくせ毛でないストレートにしたいなあ、と思っているかもしれません。技術の進歩により、割に簡単にその希望が叶えられるようになりました。一生ヘアスタイルにある程度のあきらめが必要だった過去に比べ、ヘアスタイルの自由度はかなり増しています。

 

地毛を縮毛矯正したり、ストレートパーマをかける以外にも、ウィッグやエクステでヘアアレンジできることが増えています。また髪の形状だけではなくて、髪の色も好みの色に変えられるので、もともとの地毛とはまったく違ったヘアスタイルにも挑戦できます。まずは自分の地毛をいかすヘアスタイルにしてみて、それ以上の変身を求めるのであれば、縮毛矯正やストレートパーマにチャレンジしましょう。

 

いまは髪にダメージ、そして刺激がすくなくて、より効果的な方法がありますから、くせ毛で悩む必要などまったくないんです。くせ毛を前向きに捉え、イメチェンとして矯正やストレートパーマを考えてみてはいかがでしょうか。

 

(株)コスモテクノロジー - 建設MiL

 

縮毛矯正の効き目

縮毛矯正の技術、そして薬剤の開発によって、正しい手順で縮毛矯正をすれば、ほぼ確実に髪のクセをなくし、直毛に近い状態を保つことができるようになりました。その化学反応が落ち着くまで、1、2日程は気を付けて髪を取り扱わないといけませんが、その後は、普通のヘアケア、とくに乾燥に気をつけるようにすれば、よい状態を保つことは可能です。

 

担当美容師さんに普段のヘアケアで気をつけるべきことを聞いておきましょう。縮毛矯正した部分は、半永久的にそのままで、もとのクセ毛に戻ることはありません。しかし、毛包という髪の毛が生えて来る基礎の部分でクセがある人は、また新しい毛が生えてきたらクセが復活します。

 

ですから直毛を保ちたければ、縮毛矯正を続ける必要がありますが、それでもストレートパーマをかけ続けるよりは、ずっとダメージが少ないと言うことです。これからのヘアスタイル計画を美容師さんと相談して、ダメージの少ないチョイスをしていきましょう。

 

窓断熱 diyで実現