スタイリングのコツ

スタイリングのコツ

自分の髪の色や個性をそのままいかしてスタイリングしましょう。髪になんらかの人工の手を入れるとしても、カラーリング、もしくパーマなど施術を一つだけにすると、髪も傷めつけすぎないで済むのです。もちろん両方をする事も可能なのですが、アフターケアはしっかりします。

 

そして時間が経過し、もとの髪質を取り戻しても、またカラーリングや縮毛矯正、パーマ等、同じことの繰り返しは髪にとってストレスなので、休養を適度に取らせてあげることです。極端に地毛とカラーリングの色が違うときは、生え際の部分にフロスティングや部分ケアが必要ですが、髪のクセについては、ブローやスタイリング剤でなんとでもなりますし、ときにはヘアーアクセサリーやヘアゴムで工夫すれば、クセのカールや伸びかけストレート部分さえいかす事ができます。

 

いまはヘアカタログやヘアアレンジ方法が沢山雑誌やネットで紹介されています。それらを参考にぜひ、自分でアレンジしてみてください。