髪質を分かること

髪質を分かること

自分の髪質にコンプレックスをもっている女性が多いのは、自分が思うようなヘアスタイルになっていないからなんですね。確かに美容室に行ってもガッカリして帰ることがありますね。だから、美容室を転々と変えるのだと思います。なかなか自分の思いを伝えることができないことも問題かと思いますが美容室の雰囲気で言いにくかったりすることもありますね。

 

美容師に自分がしたいヘアスタイルを言って、その通りのヘアスタイルになったとしても髪質にクセがある場合は出来上がりの感じが違う時があります。特に縮毛の場合は、髪の毛の量が多ければボリュームが出すぎるし少なければペッチャっとボリュームダウンしてしまいます。言った通りのヘアスタイルでも出来上がりが変わってしまうので満足できないでしょう。

 

満足いくヘアスタイルになるためには、髪質のことをハッキリ言ってくれて希望するヘアスタイルが髪質に向いているか不向きかを言ってくれる美容師がいいと思います。そう考えると、同じ美容室に行って自分の好みや髪質を分かってもらうことと、美容師と仲良くなるとことで話しやすくなりますね。